top of page

ichigoのレビュー
 

ichigo.jpg
RyoTracks.jpg


RyoTracksさん

ビートボックス用のマイクとして使用しています。

まずはこの独特な見た目と軽さ。

一瞬でめっちゃ惹かれました。

使ってみると僕のビートボックスの音質にもマッチしているなと感じました。

もう1本僕がメインで使っているマイクがSennheiserのe945です。

これもめっちゃお気に入りのマイク。

キックの密度感はe945よりも劣るものの、ichigoもしっかりと迫力のある低音を出してくれます。

ビートボックスって人によって音色がかなり変わるので一概に誰にでもオススメできるとは言えませんが、

コンパクトで非常に軽いというポイントは長時間パフォーマンスをする上でかなりの負担軽減になります。

重たいダイナミックマイクを口元に当てっぱなしのときの腕の負担バカにならんです。

あとやっぱり見た目めっちゃ可愛い。

名前も。イチゴて。

Amazonでちょうど良いサイズのイチゴのクッションポーチを見つけたので、

マイクケースとして購入しました。ギリギリ入りませんでした。

YouTubeで実際に使ってみたレビューもしてますので、是非ご覧ください。


ZU-nAさん

まず何よりもハンドリングのしやすさですね。

一般的なマイクにある持ち手がこのマイクにはないことで、ビートボクサー特有のグリルを握り続ける疲労が大きく軽減されます。

3分や5分の間持っていると、側手根屈筋が本当に疲労するのですが、

その時には肘関節の出っ張ってるところから親指一本分くらいの前腕部分をグリグリと15秒から30秒ほど気持ちいい程度に押してあげてくださいね。

って、そんなことがichigoではほぼ不要です。

これはAUDIXのFIREBALL以来の衝撃です。

音質面だとビートボクサーが現代でよく使っているであろうHeil SoundのPRシリーズやSennheiserのe945より中低音域(Low-Mid)あたりが強くこもって聴こえる印象で、AKGのD5に若干似ている気がしています。
モリモサな音質。
ハマる人はぜったいハマる、そんなマイクです。

取り回しが良いこと、ビートボクサーの呼気にも耐えてくれること。

皆様、ぜひご賞味ください。

bottom of page