Image-empty-state.png

audio-technica
 BP40

大口径ダイナミックマイクロホン

音響設計・電気設計・機械設計を担当。
ポップノイズに強い音響設計、HPFの回路設計、PCBの設計、デザイナーのデザインに合わせた筐体の設計、それらに合わせた内部機構の設計をした。
ユニットは師匠である秋野博士が設計したものがベースとなっている。
ユニットの治具関係は先輩がフォローしてくれた。
オーディオテクニカ史上最大サイズのダイナミックユニットであり、難易度が高い機種であった。
商品化の一連の流れを初めて1人で担当した製品であり、大変ではあったが勉強にもなり、色々と思い出深い製品である。
この機種を担当したことで、ダイナミックマイクロホンへの理解が深まった。