2021年04月19日15時22分36秒.jpg

DyDynamic Handheld Microphone

sakura  /  momiji

声質は十人十色。
1つのマイクロホンが全員の声に適しているわけではありません。
人それぞれ相性の良いマイクロホンが異なります。
10人中9人は海外有名メーカーをきっと選びますが、
残りの1人が横浜マイクロホンを選んでくれて、

「このマイクだと歌いやすい!」と感じてくれれば嬉しいです。

大企業で大量生産するのでは実現できないこと、

1人だからこそ作れる新しいおもしろいものがあるはず。

ブランドコンセプトは「植物のように」。
桜の木が好きな人もいれば、紅葉の木が好きな人もいます。
そこには優劣があるわけではなく、好みや相性があるだけ。
芽が出れば喜び、花が咲けば驚き、実がなれば楽しくなるように、
マイクロホンで人を喜ばせ、驚かせ、楽しませたい。
力強く根を張り、こだわりあるアーティストを支える木。
そして1本、また1本と少しずつ少しずつ増えていく。
そんなマイクロホンメーカーになりたいと考えています。

sakuramomiji.jpg
 

LCP Diaphragm

世界で初めてマイクロホンの振動板に液晶ポリマー(LCP)フィルムを採用。

音の伝達速度が速く、不要な振動を抑制できるため濁らず、レスポンスの速いクリアな音に。

High Power Output

振動板の形状、音響抵抗の大きさ、高磁力の磁気回路、低歪昇圧トランスなどの設計技術の積み重ねにより、高い感度を実現。

横浜マイクロホンならではの活き活きとした迫力ある音に。

Internal Shock Mount

内部ショックマウント機構により、振動雑音(ハンドリングノイズ)を大幅に低減。

​音質への悪影響をシャットアウトします。

Light Weight

アルミ合金削り出しグリップを採用することで頑丈かつ軽量なボディを実現。

長時間のライブでも腕が疲れづらく、最高のパフォーマンスをサポートします。

​また、自己治癒塗装を採用しているので、小さな擦り傷程度であれば自然に修復されます。

sakura_momiji2.jpg


sakuraとmomiji

「気持ちよく歌えるマイク」を目指し、

設計開発しました。
女性や声の高い男性には、
低域を補ってくれるsakuraがおすすめです。
声の低い男性には、
高域を補ってくれるmomijiがおすすめです。

どちらにするかはあなたの声質と好み次第。

​打楽器や弦楽器などにも意外と相性が良いです。

azuki_wasabi.jpg


azukiとwasabi

アカペラサークルの大学生やOBに、

もっともっとアカペラを楽しんでほしいと思い、
アカペラ用マイクを設計しました。

リード&コーラス向けのazukiと、

ベース&パーカス向けのwasabi。

聴き取りやすく、歌いやすく、混ざりやすく。

ハウリングしづらく、腕も疲れにくく。

Reviews

音のレスポンスがとにかく速い。

日本語の角を取って柔らかくしつつも

芯は削らず、太くはっきり聴こえる。

木島 ユタカ